日常生活自立支援事業(地域福祉権利擁護事業)

日常生活自立支援事業とは

認知症のお年寄りや、知的・精神障害者等、判断能力が不十分で日常生活に不安があるために、介護保険制度を含めた福祉サービス等を適切に利用できない人に対して、本人との契約により福祉サービスの利用援助(代行、代理・情報提供)や日常的金銭管理などについて継続的に支援する仕組みで、平成11年10月から始まった制度です。

 

お手伝い出来る内容

・介護保険などの福祉サービスの利用手続きを援助します
・福祉サービスの利用料の支払いを援助します
・市役所などからの通知の確認を援助します
・年金、手当てなどの受領の確認の援助をします
・日常的な生活費を預金から払い戻しの援助をします
・医療費、公共料金、税金、家賃などの支払いの援助をします

 

ご利用にあたっての料金

・福祉サービスの利用援助や、日常的金銭管理サービスを受ける料金
 1時間あたり1,100円
・書類等の預かりサービス
 (保管料)1ヶ月あたり500円
※ご相談から契約締結までの情報提供や助言は無料です。